2014.10.28

新宿周辺でみどりに触れる

ぶらりさんぽ 《Life in Art: Ly(リィ)》
~ 都内でみどりに触れる編 ~

 

2014年10月11日(日曜日)台風前の晴れ模様。

 

 そろそろ植物も入れ替わっているかな。お気に入りのあの場所へ行こう。今回はどんな植物と出会えるのだろうと、そう思い立った日曜日の午後は「ぶらりさんぽタイム」にしました。日本にいながら世界中の変わった植物を鑑賞できる代々木VILLAGEの「そら植物園」がスタートです。そして、その次はショッピングビルの屋上階にあるヨーロッパ情緒が溢れる英国庭園「Q-COURT」。最後に、身体に優しいお料理の無印カフェで食事をしながらアート鑑賞。贅沢なプランに心をわくわく躍らせながら、出掛けてきました。

 

ph1
 

<新宿周辺でみどりに触れるさんぽコース>
代々木駅 徒歩3分 → ①代々木VILLAGE → 徒歩15分 → ②新宿マルイ屋上庭園 → 徒歩5分 → ③Café & Meal MUJI 新宿店

 

世界中の珍植物が見られる「そら植物園」
 代々木駅から徒歩で3分。代々木の街にこだわりを追求した「代々木VILLAGE」という商業施設があります。オープンしたのは2011年のことで、初めて訪れたときは代々木駅の改札を出たとき、本当にこんな所にお洒落な施設があるのだろうかと半信半疑で歩いたものでした。
 駅の西口からすぐの路地を曲がると、ガラス張りの塀に木戸から溢れるような緑が覗いて見える個性的な建物が目につきます。それがこの代々木VILLAGEであると分かったときはちょっぴり感動しました。自分だけが知っている美味しいパン屋さんを見つけてしまった感覚によく似ています。

 

ph2

 

ここの何に惹かれるか・・・。「そら植物園」には「性なる木」や「100年に一度咲く花」など、マニアにはたまらない植物が日本の代々木で見れるのです。「性なる木」は修道院に植えられていることがある木で、ウソかマコトかその木の実を食べると性欲がなくなってしまうそうです。

 

ph3

 

「100年に一度咲く花」は、咲くタイミングがあと数年と、開花を100年待たずに見ることができるように選んで輸入したそうです。他の植物の花を咲かせることが生殖活動なら、この花は同時に「死」を意味する。一生に一度限りの命を咲かせるこの花を自分の目で見てみたいですね。ゾクゾクします。
 園では定期的に植え替えを行っています。どんな楽しい植物に出会えるかは、あなたの運次第ですね。

 

ph4

 

紅茶を持ち込んでエリザベス女王気分「Q-COURT」
 新宿マルイ本館を8Fまでエレベーターで上がり、その先を階段で屋上へ。階段を上がり切ると庭園の風景を際立たせる赤いベンチが出迎えてくれます。

 

ph5

 

蔓で出来たアーチや、まるでハンプトン・コート宮殿のような薔薇の植えられた庭園。ベンチで囲まれた中央には小さな噴水などもあります。カップルや親子がそれぞれの時間を過ごしたり、一人静かに読書をする人もいます。私は敷地内をのんびり歩いて季節の花を見て回ります。こういった施設は、その時にしか出会えないお花があり、いつ足を運んでも違う景色に四季折々の味わいがあります。綺麗な庭園とその先に見える都会のビルの佇まいが、とても不思議な取り合わせで、面白い感覚になります。

 

ph6

 

心を癒やした後は、身体にも優しいお料理を「Café & Meal MUJI 新宿」
 保存料を一切使用せず、フェアトレードと素材の味にこだわったお料理は、少し疲れた身体を優しさでいっぱいにしてくれます。ここを選んだのは、食の贅沢だけではありません。店内にはアート作品が展示されているのです。今回は東京出身のペインター、Ly(リイ)さんの白、黒、グレーを基調にして描かれた作品を展示していました。彼女は、自身のスランプの経験を「HATE」というキャラクターで表現しています。「I HATE COMMON(共有なんて大嫌い)」「HATE PICNIC(ピクニックなんて大嫌い)」「I HATE EVERYTHING(全て大嫌い)」といったように、みんなが楽しいと思っていることや日常で馴染んでいるものを否定しています。HATEは下を向いて落ち込んでいるため、気づかないけれど側ではDIKというキャラクターが常に手を差し伸べてくれています。大切にすべきものは実は身近にいるんだ、というのを教えてくれるような気もします。

 

ph7

 

 よーく絵を見ていると気づく人もいるかもしれませんが、Lyさんの作品の中には、MUJIでしか見れない言葉があります。「I HATE ○○○○」あなたは探すことができますか? スランプで落ち込んでいる人には、皮肉なジョークが笑いをもたらせてくれることでしょう。

 

ph8

 

 意識して見ないと通り過ぎてしまっていること、気にしてみると気づくこと、日常の中では多くの物や事が流れているのに気づかされます。たまには時間をストップさせて、こうやって「ぶらりさんぽタイム」を設けることで、思いもよらぬ出会いやアイディアが生まれるかもしれません。
 あなたも都会でみどりに触れる贅沢を味わってみませんか。私のように植物に話しかける人が、もっともっと増えたらいいな~と思ってみたりする今回の「ぶらりさんぽ」でした。

 

< 施設情報 >
①代々木VILLAGE by kurkku、
時間:11:30 ~(店舗ごとに営業時間異なる)
場所:渋谷区代々木1-28-9
HP:http://www.yoyogi-village.jp/top/index.php

 

②新宿マルイ本館「Q-COURT」
時間:11:00 ~ 20:00
場所:東京都新宿区新宿3-30-13 屋上
TEL:03 – 3354 – 0101
料金:無料開放
HP:http://www.0101.co.jp/earthsmileproject/life

 

③Café & Meal MUJI 新宿
ペインターLy(リィ)展示情報
期間:2014年9月8日(月) ~ 2014年11月12日(水)
時間:11:00 ~21:00(L.O. 20:00)
場所:新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリーB1F
TEL:03-5367-2726
HP:http://www.muji.net/cafemeal/shop/


関連記事

    関連記事はありません